バイオリンを指導するにあたって

音楽を学ぶ環境として、お子さまとのレッスンではを大切にしております。

それぞれ、生徒さんの個性を尊重し、良さを最大限に引きだし、音楽性を深めていきます。お子様・親御さん・私の3人4脚で、目標に向かって突き進みましょう。

 

 

音楽を長くやっていると、上手くいくこともあれば、上手くいかないことも沢山経験します。

私の音楽の経験・学んできた事が、生徒さんの音楽人生の助けになれば幸いです。

 

音大の実技

音大に行き、音楽家になるためには幼少期から様々な訓練を必要とします。

3歳~6歳までに習い始めることが望ましいです。

8歳を超えてから習い始めた場合、トップの音大を目指せる可能性は狭くなる傾向にあります。

 

 

まず、バイオリン実技では『基礎』『練習曲』『楽曲』の3つは練習する事が必要です。

 

『基礎』

レベルに応じてセブシック(シェフチック)、小野アンナの音階教本、カールフレッシュ、を使います。

大学によっては、入試でチェックされることもありますし、これらは全て練習の仕方があります。

それぞれの教本・項目に合った正しい体の動かし方があり、技術を習得する目的があって練習するのでやみくもに弾いたとしても技術は身に付きません。

コンクールを目指している子や受験のために他の教室から習いに来る子がいますが、基礎練の仕方を習って来なかった子がいるように感じます。

大学によっては、入試でこれらの事が身についているかチェックされるので、正しい練習をする必要があります。

 

 

『練習曲』

レベルに応じて、カイザー36の練習曲、ドント24の練習曲、クロイツェル42の練習曲、ローデ24のカプリス、ドント24の練習曲とカプリス、パガニーニ24のカプリスを使います。

これらは、入試の実技試験で確実に弾かされますし、パガニーニに至っては音楽家として一生向き合っていかなければならない曲集です。

コンクールでも課題として出されることが多くあります。

技術もさることながら、音楽的に演奏することも要求されます。

 

 

『楽曲』

スズキの教本からスタートします。

スズキの教本を卒業した上級者は、バッハの無伴奏ソナタ・パルティータ、モーツァルトの協奏曲、その他の協奏曲、ヴィルトオーゾピース、グランドピースを練習します。楽曲を演奏するうえで、技術・表現力・音楽的解釈が必要です。

入試では楽曲演奏は必須となっています。 

 

 

バイオリン実技以外に学ぶこと

バイオリン実技以外に学ぶべきことは、

ソルフェージュ、音楽理論、ピアノ実技となります。

 

 

とくに、ソルフェージュに関しては幼少期からの訓練が必要で、バイオリンの演奏にも大きな影響を与えます。

音楽家になるための、音感・リズム感・和声感・楽譜を読む力・初見力を身につける必要があります。

受験する学校によって、ソルフェージュや音楽理論は傾向が多少異なりますが、どのレベルの学校にも対応できる優秀な先生を紹介することができますので相談してください。

 

 

その他にも、ある程度のレベルに達すれば、室内楽やオーケストラを経験することも必要です。